県知事許可 第7874号
 

 ROGO.GIF - 483BYTESENGLISH  |

住宅用太陽光発電システム普及率「日本一」

の佐賀県から生まれた「日本初」外壁太陽電池(タイル調)

【 BeehiveWall 】ビーハイヴウォール

〜  年内に10kwモデルハウス建設 〜

印刷用pdf

株式会社川口スチール工業(本社:佐賀県鳥栖市)は、平成21年の超軽量産業用太陽電池の開発に続き、この度、日本初となる住宅用の太陽電池サイディングパネル(外壁建材一体型)を、佐賀県の協力により開発いたしました。

 

従来の太陽電池は基本的に屋根への搭載が主流で、約30度の角度が必要でしたが、今回開発した太陽電池は、直径1mmの「シリコンボール」を使用し、多方向からの太陽光を受け取る「集光型」になっており垂直の外壁にも対応できるようになっています。また、意匠的にも従来の太陽電池とは異なり、1セル(155mmx56mm)に1794個のシリコンボールを敷き詰め、タイル調の外壁に仕上げました。


この商品の開発で、住宅の屋根以外に外壁で発電することが出来るようになり、住宅でも最大10kw程度の発電ができ、完全なる光熱費ゼロを実現します。また、余剰電力の売電による収入で住宅ローンの軽減につながり、新築住宅の建設促進にも寄与します。更には、ビルやマンションの外壁の改修時に共用部のエネルギーとして利用できたり、電気自動車の普及に伴う立体駐車場の外壁利用など、再生可能エネルギー社会の普及に貢献します。

 

 

BEEHIVEWALL.JPG - 16,867BYTES

 

 

<特徴1>
シリコンボールをハニカム(ハチの巣)状の反射鏡の中に入れることで、多方向からの光をシリコンに集める事が出来る、集光型太陽電池です。


BEEH01.JPG - 12,980BYTES  BEEH02.JPG - 22,954BYTES

 

<特徴2>
シリコンの使用量が従来の結晶型太陽電池の1/5以下のため切断ロスもゼロで経済的です。
直径1mmのシリコンボール1794個で1セルを形成しています。

 

<特徴3>
反射鏡の部分はアルミ基板で出来ているため、フレキシブル性があり軽量です。

 

 

BEEH03.JPG - 18,142BYTES

 

 

<特徴4>
モジュールを0.5mmの鋼板に貼付、表面をPVDF / PMMAフィルムで封し、紫外線をカットしてフッ素樹脂特有の耐汚れ性、耐酸性雨性を高めています。

 

<特徴5>
単セルが1枚当たり、横155mm・縦56mmのためモジュールに配列した際、タイル調の意匠性を有し、住宅やビルの外壁としても違和感なくご使用いただけます。

 

 

BEEH04.JPG - 28,375BYTES

 

 

◎本システムの販売に関しましては、エリア毎の代理店網を構築し、全国販売して参ります。

<本件に関するお問い合わせ先>

@株式会社川口スチール工業 担当 川口
  佐賀県鳥栖市原町760-6

  e-mailchopper@steel-k.com
  TEL
0942-83-6331
  FAX:0942-85-2612

 

A鬼塚電気商会  担当 鬼塚
  佐賀県鳥栖市今泉町2400-1
  e-mail  onitsuka@bronze.ocn.ne.jp
    TEL:0942-82-3419    FAX:0942-81-2660

 

 
会社概要太陽光発電チタン亜鉛合金実  績お見積についてリ ン クHOME
Copyright 2010 Kawaguchi Steel Industry Co.,Ltd All right reserved.